狭い土地でも建築は可能?注文住宅で選びたい平屋のポイントなどを分かりやすくご紹介

こちらのサイトは、これから家づくりをはじめようとしている人の中でもあまり広い土地がないけれど、ワンフロアの住宅に憧れを抱いている人に向けた記事をご紹介しています。
狭小地で注文住宅の家を建てたい、しかも平屋を建てるとなったとき依頼先を決めるなら工務店が良いことや間取りは自在に決めることができるなどポイントを分かりやすく紹介しています。
初めての家づくりで成功させたい、このように考える人に最適な情報をご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

狭い土地でも建築は可能?注文住宅で選びたい平屋のポイントなどを分かりやすくご紹介

一般的に平屋は1階建ての住宅になるので、ある程度広い土地が必要になるイメージを持つ人は多いといえます。
しかし、工務店などのホームページにアクセスを行うとそれほど広くない土地に注文住宅で建築している事例が紹介されていたり、一般的に狭小地と呼ばれる空間にも平屋の住宅を建築できるなどの事例も目にすることができます。
工務店は長年の経験を持つ地元の大工さん、平屋などの注文住宅を得意にしていることがホームページを通じて分かります。

一人暮らしにも最適!?ゆったりとした一人暮らしに最適な1Kタイプの平屋

一軒家に住みたいと考える人の多くがファミリー層ですが、一人暮らしに適した建築プランも数多くあります。
特にシングルが必要とする居住面積は大きくないので、1Kタイプの平屋建て住宅が手ごろです。
家づくりの情報サイトを訪問すると、シングルに最適な間取りの実例についても知ることができます。
部屋の面積が15帖以上の1Kタイプの建築プランは、悠々自適なシングルライフを満喫したい人にも適しています。
シングルが平屋建ての家を建てるときには、完全オーダーメイドのプランを選ぶのが望ましいです。
確かに注文住宅の費用は割高ですが、シンプルでコンパクトな一人暮らし用の家は低予算でも建築可能です。
庭との一体感が味わえる、縁側のある注文住宅の施工プランも魅力的です。
趣味でドライブを楽しみたい人は、ガレージ付きのプランを選ぶのがポイントです。
平屋建てであればガレージ直結型の建物を設計できるので、マイカーの利用も非常に便利になります。

平屋の土地探しは用途地域についても調べておこう

平屋はバリアフリー化をしやすいことが魅力です。
バリアフリーとは車椅子やベビーカーの通行を妨げる段差、使いづらい住宅設備がないことをいいます。
歳を取っても快適に住みやすく、災害にも強い傾向があります。
しかし平屋は高さがないぶん、高い建物に囲まれてしまうと、快適に住むのが難しくなります。
日が差し込まないため、日中でも薄暗くなってしまいます。
風の通り道が狭いから、風通しが悪い家にもなります。
そこで平屋の土地探して重視してもらいたいのが用途地域です。
用途地域とは土地の計画的な利用のために、行政が行ったエリア分けのことをいいます。
エリアは大きく分けて住居地域と商業地域、工業地域になります。
平屋に住む人はこの中で、住居系のエリアがいいでしょう。
特に第一種低層住居専用地域は建物の高さが10メートルほどに制限されており、日当たりが保証されます。
さらに建ぺい率や容積率も低いので、建物がギュウギュウ詰めになることがありません。
快適な住宅にしたいならば、用途を意識しながら土地探しをするのがおすすめです。

平屋は家の中の温度差が少なくなるのでヒートショックのリスクが減る

最近は2階建てや3階建てなどの住宅だけでなく、生活空間がワンフロアーになる平屋への注目が集まっています。
広い土地がないと建築できないイメージがあるけれども、マンションのフロアを考えるとそれほど広い土地がなくても建てることができる、容積率や建蔽率など条件さえ揃えば家づくりができるといいます。
色々なメリットがあるのですが、平屋は温度差が少ない家になる、このようなメリットがあることをご存知でしょうか。
古い間取りの住宅の大半は居室が細かく区切られているため各部屋では冷暖房が必要になります。
これにより、冷暖房がないトイレや洗面所、脱衣所などの空間は夏場は暑くて冬場は寒いなど寒暖の差が生じやすくなりがちです。
寒暖の差が激しい場合にはヒートショックといったリスクがあるわけですが、家の中の空間がなるべく一つになるよう平屋の間取りを作る、これにより温度差が少なくなるのでヒートショックのリスクが減りますし、冷暖房費の削減効果にも役立ちます。

シニア世代が平屋を新築する最大のメリットは階段がない生活ができること

シニア世代にとって建てる家は将来を考えると非常に重要ですが、平屋はやはり階段がないのが最大のメリットとなるのではないでしょうか。
上下ではなく左右や奥方向に間取りを設ける平屋は、横移動が増える一方で縦の移動はなくなります。
階段を使う移動は歳を取ると膝に負担が掛かり辛くなりますし、介護を受けるとなれば介護をしてもらう人の負担を増やしてしまいます。
確かに若い人なら苦になりませんし、膝が気になるどころか軽い運動になります。
しかし、定年退職をして老後を過ごすシニア世代となると、上下の移動が無視できない負担になり、やがて移動そのものを極力避けるようになると考えられます。
生活の大半が1階部分のみになるくらいなら、最初から平屋に決めて新築するのが正解です。
生活に必要な全てのものが1階に集約されるのが平屋なので、どこに何があるか把握しやすく、必要な時にすぐ出向いて取りに行くことができるのが魅力になるのではないでしょうか。

平屋は土地の建蔽率や容積率で建築可能な面積が決まる

平屋住宅には垂直移動がないので生活動線や家事動線が効率的、家族の顔が見えやすい、耐震性が高いなどさまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。その1つが、同じ床面積を確保するには2階建てや3階建てよりも広い土地が必要だ、というものです。特定の広さの土地にどれくらいの大きさの家が建てられるかについては法令によって規制されていますが、その際に用いられる2つの基準が、建蔽率と容積率です。このうち前者は、敷地面積に対する建築面積の割合を示すものです。仮に建蔽率が50%と定められている広さ100平方メートルの土地があったら、そこに建つ家の床面積は50平方メートルが上限となります。一方、容積率は敷地面積に対する延べ床面積の割合を表します。容積率が200%で広さが100平方メートルの土地なら、延べ床面積が200平方メートルまでの家が建築可能ということになります。ただし平屋には2階や3階が存在しませんから、1階部分の床面積がそのまま建築可能な延べ床面積となります。

マンションの一室をイメージして平屋の間取りを考えてみよう

平屋の家に憧れを抱く人は多くなっている、特にシニア以降の年齢層の人々からの注目が集まっているといいます。3階建ての住宅の場合は、狭い土地に家を建築するので居室を上方向に積み上げるスタイルになるわけですが、階段の上り下りは年齢を重ねることで辛くなることもあります。平屋は階段がない生活を提供してくれる住宅といっても過言ではないので、シニア層からの注目が集まりやすいことが分かるのではないでしょうか。間取りを色々検討しているけれども、購入した土地だとちょっと狭くて平屋の家を建てることができない、このような悩みを持つ人もいるかと思われますが、このようなときにはマンションの一室をイメージして考える方法もおすすめです。3LDKの間取りなどの場合は正方形や長方形などの種類があるけれども、土地の形に合わせてそれを考えると意外とすっぽり収まるなどからも、アイディアの一つとして利用できるわけです。また、工務店などは平屋の住宅を得意にしている会社も多いので、ホームページに掲載してある施工事例を参考にする方法もあります。

平屋を計画しない方が良い周辺環境とは?

平屋はワンフロアなので、低い家になります。人気の平屋ですが、建てたいときには周辺環境もしっかりとチェックするようにしましょう。まず、周りにマンションや高層ビルなどが多い所はあまりふさわしくありません。なぜならワンフロアの平屋を建てた場合、周りの高い建物のせいで日陰になってしまうからです。平屋は周りも低い家が多い、もしくは周辺に建物が少ない所が向いています。そうすれば燦々と日差しを取り入れることができるでしょう。あまりにも住宅が密集していて、隣の家との距離が近い場所も避けたほうが無難です。2階建ての家に囲まれると湿気が増えますし、圧迫感を感じます。周辺環境としては、川が近い場所も避けたいものです。万が一水害が起きたときに、ワンフロアの低い家は水に呑まれてしまう可能性が高いです。川が近くになくとも、過去に水害があった地域での建築はやめておきましょう。また寝室や浴室も1階になります。防犯強化のためにも、治安が良い環境を選ぶことが大切です。

日当たりの確保が難しい場合の平屋は中庭の計画で解決できることもある

これから平屋を建てようと思っている人は、完成してから失敗したと思わないように計画の段階でよく考えておくことが大切になります。平屋でよくある失敗例として、部屋の配置の仕方がまずかったために、日当たりが悪い部屋ができてしまったというケースがあります。平屋は全ての部屋を1階に配置することになるので、考えた間取りによっては外からの光が全く入らない暗い部屋ができることがあるのが注意したい点です。そこで、部屋のレイアウトを考えている時に日当たりの確保がしにくい部分があると感じたら、中庭を作ることを検討するのがおすすめです。例えば、家の中央部分に中庭を作り、それを取り囲むように部屋を配置すれば、しっかりと光を取り入れることができるため家中が明るい印象になりますし、風通しも良くなることが期待できます。特に敷地面積が広い平屋の場合は、中央部分に庭を作るなど間取りを工夫することで日当たりが良く快適な家が作れることが多いので、建築会社の担当者と相談してみてはいかがでしょうか。

平屋の設計は経験豊富な設計士がいる工務店がおすすめ

子供がある程度大きくなってから家を建てるという人や、子供がいない夫婦などは平屋を選択するケースが多くなってきています。夫婦のみの人生を考えた場合、2階建て以上の住宅は広すぎて使わなくなってしまうということも考えられますし、子供が巣立ってからの人生を考えても平屋の方が生活をしやすいと感じる家庭が多いのです。しかし設計の段階で経験豊富な設計士に依頼をしておかないと、後々使いにくさが出てきてしまうということもありますので注意が必要となります。設計士の経験が豊富であれば自分たちのライフスタイルによってどういった間取りが使いやすいかということを瞬時に判断してくれたり、打ち合わせの進みが早いということもありますが、経験が浅いと持ち帰ってじっくり考えながら設計をすることになりますので、進みが遅くなってしまうということもあるのです。こういったことから、工務店に依頼をする際には設計士の経験も考慮しておく必要があります。

平屋に関する情報サイト
はじめての平屋

こちらのサイトは、これから家づくりをはじめようとしている人の中でもあまり広い土地がないけれど、ワンフロアの住宅に憧れを抱いている人に向けた記事をご紹介しています。狭小地で注文住宅の家を建てたい、しかも平屋を建てるとなったとき依頼先を決めるなら工務店が良いことや間取りは自在に決めることができるなどポイントを分かりやすく紹介しています。初めての家づくりで成功させたい、このように考える人に最適な情報をご紹介しているので参考にされることをおすすめします。

Search